美容情報サイトの運営、オーガニックコスメサロン運営を通して、化粧品の選び方や使い方をお伝えしています。

ごあいさつ
りびはだSTORY
これまでの歩み
サンプル
母親が某化粧品の訪問販売を経て、
エステサロンを開業。
物心ついたころから、化粧品が身近にあったように思います。
「キレイになりたい」
「年を取りたくない」
という母親の「美」に対するこだわりも、ずっと近くで見てきました。

だからといって、私も「美容」に関係する仕事をしようと思ったことはありませんでした。
しかし、21歳で出産したとき、「技術は絶対役に立つから!」と、エステスクールに通うことを母から勧められました。
まだ生後5ヶ月ほどの乳飲み子は、母がエステの仕事をしながら世話をしてくれていました。

スクールを出た後は、子供が小さかったこともあり、週末だけサロンのお手伝いをしている程度でした。
それが、1993年~1995年ごろになります。

1995年1月に起きた阪神・淡路大震災の後、
母が経営していたサロンは経営不振に、さらに、私は離婚してシングルマザーになりました。
サンプル
子供を抱えて「安定した仕事」「夕方には保育園のお迎えに行ける仕事」ということで、
デスクワークの仕事に就きましたが、2000年、子供が小学校に入学し、
お迎えの時間を気にすることがなくなったこと、
とあるエステサロンが撤退することから引き継いでほしいというお話があったことなどが重なり、いきなり母とは別店舗でエステサロンを開業することになりました。

接客業も経営もほぼ素人、
そんなサロンがうまくいくはずもなく…同じ年の2000年12月、父が他界。

その後、やる気をなくした母は自宅に場所を移して、
自宅サロンとして、お得意様だけに施術を行うようになったのを機に、
もともと母が開業していた店舗へ私が場所を移して、サロンの営業を再開しました。

それでも、なかなか経営は安定せず、
足つぼ(リフレクソロジー)や全身のケアも取り入れたいと思っていたところ、
近くのリフレッシュサロンの求人を見つけました。

1年ほど、改めて勉強のつもりでと、休業することを母も許してくれたため、
研修を受けて、そのサロンで働きはじめました。

1年のつもりが、指名のお客様がついたり、スタッフと仲良くなったりで、
楽しく仕事ができていたこともあり、結局4年少し、
そのリフレッシュサロンに勤務していました。

ただやはり、おすすめしたくないものを勧めたり、ルールが変わったりと、
「縛られたくない」「自由でいたい」という私の性格上、
それ以上は勤務することは、ストレスでした(汗)
サンプル
再び、サロン開業すると決めて、アロマテラピーを習い、リンパマッサージを習得し、
ボディケア中心の癒しサロンを、母が経営していたエステサロンと同じ店舗で開業したのが、2008年4月です。

はじめて右も左も分からないときに始めたエステサロンのときと異なり、
インターネットも普及していて、自分なりに調べながら、
素人が作った感満載のホームページを開設、そして無料ブログを使って集客。

高額なフリーペーパーなどの紙媒体の広告を使わなくても、徐々にネットで集客できるように。
車がないと不便な場所にもかかわらず、新規のお客様は
毎月5人前後でコンスタントに来ていただけるようになりました。

ホームページやブログを運営していく中で、インターネットで広告収入を得ることができると知りました。
ちょうど子供が高校2年生になり、高校卒業後の進路を決めるころでした。
進路に関しては、スムーズに決まり、卒業後は、韓国の大学に行くことになりました。

サロンだけの収入では不安があり、インターネットでのビジネスが始まりました。
2013年10月、サロンの収入がインターネットの広告収入を上回り、
腰を傷めていたこともあって、サロンを閉業とともに、WEB広告業として法人化いたしました。

美容や健康に携わってきた経験や知識をもとに、
「お肌はいつからでも再生できる」をコンセプトに、
2016年「りびはだ」という美容情報サイトを立ち上げ、
おかげさまで、今に至ります。

そして、さらに「美容」に関する事業を展開するという未来に向け、
2018年2月、社名も「株式会社りびはだ」に変更しました。
尾崎まり江プロフィール紹介
尾崎まり江
Marie Osaki
1972年4月11日
神戸市生まれ、神戸市育ち

1992年短期大学卒業前まで、
大きな失敗挫折もなく、順調な人生だったと思います。
短大のときのアルバイト先で知り合った男性とお付き合いし、短大卒業と同時にできちゃった結婚。

まだ甘えの残っている子供の私が子供を産み、
子育てをする中、夫への不満、ストレスが大きくなり、
結局は「離婚」を選択。
それからはシングルマザーとして、
子供とともに成長していくことになりました。

シングルマザーであること、小さい子供がいることで、
就職を探しているときは、面接で嫌な思いをすることも…そんな経験もあり、
子育てをするお母さんや仕事をする女性のための情報サイトも運営しております。
りびはだサポートの声
大隅千明 様
12年間の幼稚園教諭を経て、現在は
「絆フェスティバル」開催や育児個人コーチング、保育園・放課後デイサービスなどのマネージメントやイベントを提供
「私とまりえさんとの出会いは、2017年?のある研修でした。

お互い、顔見知りではあったものの、
その研修では、直接話す機会もなく
過ぎてしまいましたが、その後、同じ研修で、研修会場に向かう駅で、まりえさんが話しかけてくださったのが最初です。

お互いの仕事の話、
今後やっていきたいことなどを話しました。

穏やかでふんわりとした第一印象とは、
かけ離れた、パワフルで、
芯を持ったチャーミングな女性というのが印象的です。

まりえさんは、人を引き出す能力が高く、
したいことを実現させてくれる方です。

まりえさんの企画している女性支援サイト、
「ふわりー」のライターとして、
起用していただいているのですが、
〝子育てママを応援したい!〟という私の
気持ちを汲んで、いろんなアイデアを提案してくださり、私の良さを引き出し、
さらにボキャブラリーを増やしくださいました。

あとは、家族想いで、親友のような娘さん!
妹さんの事も親身になって考えていらして、こんな人間関係を築けるのは、やはりまりえさんならではの人格だからだと思います。

遠距離ですが、そんなまりえさんとお仕事が出来て、とても幸せに思います。

そして、チャーミングで芯のある素敵な
まりえさんのようなママを目指します。
今後とも、よろしくお願いします。
大隅千明さま
株式会社りびはだ スタッフ 川浪 美希
尾崎まり江さんとは、
3年前から共にお仕事させて頂いております。

(株)りびはだでのお仕事は、これまで10年以上派遣社員として働いていた仕事とは全くの異業種。
右も左も分からない状態でスタートいたしましたが、まり江さんの情熱的なご指導のおかげで毎日充実した日々を送らせていただいています。

まり江さんとは公私にわたってお付き合いさせていただいておりますが、常に明るく、エネルギッシュな言動にいつも圧倒され、たくさんの刺激をいただいております。

常に目標に向かって努力を惜しまず突き進む姿は、美しくもあり、強い現代女性の象徴そのもの。
ますます女性が輝き、活躍できるこれからの社会をリードしていける女性であると、確信しております。

そんなまり江さんのそばで、私も刺激を受けながら素敵に輝ける女性になれるようにこれまで以上に頑張っていきたいと思います。
今後とも末永くよろしくお願いいたします。
大隅千明さま